月刊ウマナリ

日常と漫画制作の事

大きくて平べったいスプーン

 お久しぶりになっておりますが……元気でした。多分。
 多分ってなんやって話ですが、よくわからないんですよね、自分でも。
 家の用事やなんやかや、人が関わるようなことは元気にやっているんですが、自分ひとりの事、例えば漫画を描くとかブログ記事をかくとかそういう事はできずにいました。
 なんかね、仕事じゃないので責任とかいうのがないので、どうしても横になってしまうんですよね。
 日がな一日エアコンをつけ、テレビをつけ、横になってスマホでゲームをする日々で、自分のダメ人間ぶりにちょっと落ち込みそうになるのですが、いい塩梅(なのかどうなのか)に、家人の手伝い的な用事なんかが入ったりもして、それは元気にやっておりました。
 創作に関しては、ゴロゴロしつつもプロットを煮詰めたりグッズの案を考えたりはしていましたが、プロットに関しては、頭の中ではいくら煮詰めても紙に書き出さないとまとまらないものですね。
 そんな中、前に爆発うさぎの制作に関してブログでかいたりしておりましたが(やっとこ爆発うさぎを仕上げた - 月刊ウマナリ)、そのうさぎシリーズ、4柄でBOOTHウチノコノニワに日用品などのグッズ、suzuriウチノコノニワにTシャツ、長袖Tシャツ、2柄のみブランケットの商品登録をしました。
 またお知らせ記事をかきますので、その時にはご興味持たれた方はぜひみにいってやって下さい。

 前置きが長くなりました。本題です。

 私は料理番組を見るのが結構好きです。録画してまでってことはありませんが、だいたい家の中にいて部屋でごろごろしているので(描けよ)、その時にはだいたいテレビをつけていて、勝手に?料理番組や、番組内の料理コーナーなんかが流れてきます。
 楽しいですね、料理番組。料理人が料理しているのを見ると、脳がちょっと元気になる気がします。

 私の中の「料理番組よいポイント」は、視覚聴覚、それから知的好奇心(知る楽しみ)です。

 視覚では、色々な調理器具、それから食器をみているとなんだか楽しくなってきます。
 特に調味料をはかって入れている小さなガラスのボウル。それから泡だて器と普通サイズのガラスのボウル。見た目がよいからなのかなんなのか、料理番組では家のボウルみたいなステンレスじゃなくてガラスのボウルがよく使われている気がします。中身が見えるのがいいのかもしれませんね。耐熱ガラスだと電子レンジも使えるしね。
 ガラスのボウル、小さいガラスのボウル、泡だて器。小さいガラスのボウルに入った調味料をフライパンなどで調理中のところへ指でちょちょっとつついたり?して投入するさまも目によろしいです。

 聴覚では、フライパンで何か炒める時のパチパチいう音が最高ですね。
 そして、女性の料理人が説明をしている声もよいですね。人が違うと声も違うものですが、どんな声でもだいたい耳へのごほうびです。普通にしゃべってる時はそうでもないのに「ここへ、ゆであがった麺を入れます」などと作業をしながら説明している声は本当にいいです。
 そんな声の中で、フライパンがパチパチいったりガラスのボウルに箸やへらがふれる音が混じったり、本当によいです。

 知的好奇心、知る楽しみは、やはり新しいレシピや料理に関する豆知識を知るって事ですね。単純明快であります。

 そんなこんなで料理番組が始まると作業やゲームをしていてもちょっと手を止めて見たりするのですが、この中で気になるというか、ほしいなという食器がありました。
 それは、大きくて平べったいスプーンです。
 私はオカンが年を取ってきたので土日に料理当番をやっているのですが(全部やるとオカンが頭を使わなすぎるかもって思うので、もうしばらく、体が元気なうちは土日のみで)、その時、盛り付けする時が特にそうなんですが、ちょっと、不便な時がありまして。そういう時、あの大きくて平べったいスプーンがあればなぁって思っていました。
 昨日も甥っ子宅でテレビを見ていて、料理コーナーでそのデカスプーンをみかけました。そうや、これ、ほしいねんなぁとまた思ったので、その時にはAmazonちゃまで検索して注文しました。

 今日届きました。

f:id:inuit148:20190903111508j:plain

 ええやん……まだ使ってないけどええやん……!!
トングも便利だけど、トングではなかなか上手くつかめないものをこいつですくってお皿に盛る事ができますね。あんかけのあんなどもすくえる。
 今週の土日が楽しみです。

 それでは今日はこの辺で。また記事で会いましょう、ごきげんよう!