月刊ウマナリ

日常と漫画制作の事

歯茎、いろんなゲーム

 昨日また歯医者へ行ってまいりました。しばらく通います。
 歯茎の腫れはひいたようです。強く噛むとそこの歯がまだ痛むというと、先生はもう一度薬を入れて様子をみましょうと、薬を入れてくれました。チクーっとしたけどさほど痛くはなく、よかったです。その後ずっと薬の匂い(味なのか匂いなのかわからないけど匂いっていう印象)がしていて、それがちょっと気になるところではありますが、歯茎がよくなるなら薬も頑張ってほしいところ。
 今朝起きた時、口の中に薬のかほりが充満していて「うおおお」ってなりましたが、こんなに長くその薬が歯茎にいてくれたのだと思うと、だいぶ悪いやつらはダメージを受けただろうと、すぐにうれしくなりました。噛んだ時の痛みもほぼなくなりましたが、痛み止めの入った飲み薬も飲んでいるので、油断できません。頑張れ歯茎と薬。

f:id:inuit148:20190611120835p:plain

 ラクガキ。私から?歯の治療の話をきいて歯茎が共鳴して幻の痛みを覚える波くん。この人は歯医者に行ったことがなさそうだけど、歯の治療の恐ろしさは聞いて知っているのでありましょう。

 ゲームの話ですが、ここのところ、いろんなのをちょこちょこやって、何か楽しいやつないかなーなんてやっています。
 やっては放置、やっては放置のファンキルをまたやってみていますが、これは戦闘シーンがとても楽しいのですが、ユニット育成が複雑すぎるというか手間がかかるといか、課金しないと永遠に達成できないんじゃないかっていうようなところがあるように思えて、しばらくするとどうしてもやめてしまいます。そして長らく放置してまた再開しますが、そうすると「え、また更に強いキャラが出たの?前に頑張って育成したのはもう使えないのか?!」ってなって、よく調べると、前のキャラもさらなる育成によって強くなれる事もあるけどそれがえらく大変である、というようなことなので、本当にキリがない?ゲームであります。
 でも、戦闘シーンは楽しいです。
 それから何年ぶりかでテラバトルもやってみました。引継ぎできなくて最初からになりましたが、前にそんなに進んでなかったので楽しめました。これも戦いが面白いです。
 この二つの前に、シヴィライゼーションⅥってのをやって、数日これに没頭していましたが、アホにはつらいゲームであるとわかり、気が向いたらやる事にしようってなってます。
 他にも入れてチュートリアルを終えたけど未だに攻撃の仕方が分からないゲームとか、他の好きなゲームと似ているのでわざわざやらなくてもいいかもしれないゲームなど色々ありました。
 それで、「ウマちゃんは気が変わりやすい」と指摘をしている甥っ子(小学生)に話していたのですが(他の家族にはゲームの話は分からないし、日常的に話をする友達はいないのでいつもゲームの話は甥っ子とになる)、結局いつもそばにいるゲームというのは決まってくるようですね。
 私の場合は、ツムツムとテラリアとPUBG、Threesあたりでしょうか。定期的に再開するファンキルももしかしたらここに入るのかもしれません。
 新しいゲームを色々やって「うーん、なんだろうな」ってなっていると、「なんか地下ゴーしたいな(テラリアで地下へ行って掘りまくる)」ってなってくるので、やっぱり相性の合うゲームというのはそんなに多くあるワケじゃないんだなって思いました。

 では、今回はこの辺で。さようなら、また会いましょう!