月刊ウマナリ

日常と漫画制作の事

歯医者に行った

 ふむぅむ。体調のことで手こずっているウマナリですが、お久しぶりです。梅雨になってきましたね。関西は今のとこまだ梅雨入りのお知らせはありませんが、他の地域では梅雨入りのお知らせがあったようです。

 今日、歯医者へ行きました。
 ゴールデンウィークの頃から、右下の奥歯がうずいていて、その時は肩こりや疲れなんかからきてるのかなと思っていました。痛みがあったりひいたりで、噛むときは結構痛みがあったのですが、のらりくらりと今まできてしまいました。今までというか、先週まで。
 先週、痛い奥歯の歯茎が腫れまして。ぷくーっと見事に腫れました。舌でさわるとつるつるしていて、ちょっと愛しさを感じるような腫れでありますが、やはり腫れているのはダメでしょうと言う事で、腫れがひくかどうか様子をみていましたが、ひく様子もないので、歯医者へ行くことを決意。用事があったり歯医者さんがお休みだったりして、ようやく今日診てもらいに行きました。
 レントゲンをとってみると、歯茎はかなり立派に化膿しているらしく、治療を始めてもらいました。今日は腫れてるところを切ったり刺したり。口の中で見えないのでよくわからないんだけど、切ったり刺したりしているような感じでした。前に別の歯医者さんで歯の神経をぬく?治療をしてもらったときは、歯にぶすーっと麻酔の注射を打たれたのですが、今回は表面に塗るタイプの麻酔をしてくれはりました。麻酔は注射そのものが痛いからねと先生は言っておられたので、多分、治療の痛みと注射の痛みをはかりにかけると注射の痛みが勝るって事なんでしょう。確かに「これから痛いからね!」っと言われてなにやら歯茎を切るか刺すかしはった時にはそこまで痛くはありませんでした。麻酔の注射の2割くらいの痛みでした。
 といっても、痛みの感じ方は個人差があるので、あくまで私の場合の話です。
 今日は切って、化膿しているところに薬をいれてもらいました。舌でさわると可愛く腫れていたつるつるの歯茎がタコさんウィンナーの足みたいになってる感じがあって、ちょっと悲しみをおぼえております。
 また数日後行きますが、他にも死んだ前歯とその仲間たちに傷みがあり、そこも修繕してもらいたい旨いっていますので、ちょっと歯医者にはしばらく通わなくてはならなそうです。頑張ります。

 創作ですが、漫画の方は、読み切りのプロットの「構成」工程を終えて、これからシーンを作っていく工程に入ります。昨日から着手しようと思ったのですが、構成の段階で「○○というトラブルが発生する」みたいなところのトラブルの詳細を考えていなかったので、今日はここをちょこちょこっと考えました。
 他には今はポストカードイラストを描いていますが、ミニイラスト本を作るのもいいなと思っています。どうなるか分かりませんが、本を作った場合、印刷製本するかDL版のみにするかまた悩みどころですが、とりあえず、中身を作るのはやっていこうかなと思います。できてからまた考えます。どっちでもいけるようなページ数にしておけばよいので……。

 そんなこんなで、また久々の更新でした。体や脳みそが思うように働いてくれないと、漫画のことなんかでも「こうする、ああする」って決めても色々ごちゃごちゃ考えて「やっぱこうしよう、あれはやめよう」なんて進路変更ばかりしてなかなか前に進まず、なんだかなぁってなりますが、とにかく描くこと、描いていくこと、それだけしっかり頑張っていけば生活に関してなんとかならなくても、食べ物がなくなって死んでしまっても、死ぬときにそんなに後悔しないんじゃないかなって、ペンをにぎっています。もうちょっと外に出られたり、毎日一日中起きていられたりをコンスタントにしていけたらいいのになぁ……。ま、今ある力で頑張らねばね。
 では、また会いましょう。ごきげんよう!ジメジメしたり急にひんやりしたりの季節、みなさんも体調くずさぬようお気をつけて☆