月刊ウマナリ

日常と漫画制作の事

少しずつの浮上だな

 またもや更新があいてしまいましたが、前回の更新で少し体調が戻ってきたとかいていましたね。あれから、少し浮上した状態を軸に浮き沈みしていました。沈む割合の方が大きかったかな。
 こうなると、もう、自分は漫画を描くのが好きじゃなくなったのかななんて思ってしまって、ぼんやりした悲しみに包まれてしまったり。つらいですな。好きとか嫌いとか以上に、将来どうやって糊口をしのぐのかと思うと、薄茶の部分がプレッシャーで白い部分が絶望感という構成の麻雀パイが心の中にバラバラ落ちてきて、心の池の水面にぷかぷか浮いておりました。それを眺めているという、どこか他人事っぽい感じなんだけどしんどいみたいな状態がいかにもうつみたいで、その事も不安感をあおります。
 でも、病歴が長いので、それはいつか解消するものだという事も知っていて、そのことがとても救いになりました。

 今日はいくぶん脳の回転の塩梅が軽く感じられ、読み切りのプロットに着手しました。前途多難だなぁという感じですが(体調の事じゃなくてプロット作業そのもの)、とにかく、漫画が好きなのか嫌いなのかとか、将来の不安についてはあまり深く考えず進んでいこうと思います。前に主治医が「困ったら先生に相談してください。困る前から悩むのは(病気に)よくないですよ」みたいな事を言ってはったのを胸に、のらりくらりやっていくしかないですね。ファイトです(自分)。

f:id:inuit148:20190525012451p:plain

 少し前のラクガキ。教室での一コマっぽいの、楽しいですね☆

f:id:inuit148:20190525012458p:plain

 もう一つ、先日のラクガキ。波くんの兄弟子、通称兄さん。

f:id:inuit148:20190525012415p:plain

 今日描いていたやつ。
 ラクガキを数枚描いて、ちょっとリハビリっぽい感じだったかな。ラクガキからポストカードイラストへ移行。
 ページファイルをパソコンで作って(iPadでも作れるけど登録したポストカード原稿用紙設定がパソコンにしかなかったので)、配色パレット作り、ラフ、ペン入れの途中までをiPadでやっていました。
 iPadでは、調整したけど、ちょっと強弱が強めにでるっぽくて(iPadのせいじゃなくて、私の調整の塩梅)、それはそれで面白い線が引けて楽しかったです。
 しかし、iPadから液タブに変えると画面が広くていいですね……。13インチなのでちょい狭いなと思っていたのに、なになに十分広い。

f:id:inuit148:20190525011516p:plain

 iPadのワークスペースは、何度も工夫を繰り返して、なるべく広く使えるようにしています。
 TAB MATEとキーボードがないので、クイックアクセスとコマンドバーをフル活用です。液タブの時は、右手で描くけど、パレット類をタッチするのはペンなので、パレット類はすべて右に寄せて左を広くしていましたが、iPadでは、右手で描く時、手のひらでの誤作動があったり、狭いからか手を邪魔に感じるし、左手をタップに使えるので左によせています。ポップアップ式にして、とにかくキャンバスを広く使えるように……。
 ちなみに、キャンバスの回転は指二本でやるのですが、わりとiPadそのものを回したりして、アナログ時代みたいに描いてる事が多いです。あまりに回転角度が大きい時は指を使います。

 そんなところで、前回よりまた少し元気になった感じでホッとしていますが(段階段階でホッとしているな)、いやはや、健康第一ですな。本当に、元気だって事は生活の土台を作るのにとても重要な事ですね。私も、せめて家の中でだけでもコンスタントに元気でいられるようになれる工夫をみつけていきたいなと思います。
 長く更新があいた時も、つぶやくならできるなんて時、更新お知らせなどのアカウントで、ツイッターにてツイートしている事もあります。また気にかけて月ウマをみにきてくださった時、更新してなければサイドバーにウィジェットありますので、みてやって?いただければと思います。全くたいした事は言ってませんが。

 ではまた、ごきげんよう。次回、会いましょう!