月刊ウマナリ

日常と漫画制作の事

段数リングみたいなやつ

f:id:inuit148:20190117121923j:plain

 こんなんありまして。段数チェッカーですが、これまで棒針編みをやっていたのでクローバーのカタツムリ?みたいな形の段数リングを持っているのですが、これをかぎ針編みの目数チェッカーとして使おうとすると目の間に通すのが難しくて悩んでいました。
 そんな折り、毛糸を注文しているサイトでこれを見つけまして、買ってみたら結構使いやすくてうれしかったです。形もかわいいです。このチューリップというメーカーのやつは、かぎ針もカラフルでかわいかったりします。段数チェッカーはハート型もあります。道具がかわいいとよりたのしくなりますね、編み物。数字とか数えるとか数に絡むことがとにかく苦手な私なので、目数チェックはかかせず、チューリップ型チェッカーとであえて?よかったです☆
 編み物ですが、今靴下を編んでいるのですが、最初手がきつくて、かかとらへんを編み終えてみると幼児の靴下か?ってなってたので、ほどいて編み直しています。引き上げ編みがあるのでここをきつくすると長さが出ないようで……。でも、今度はなんかゆるそう……。かかとで増し目→減らし目ってして膨らみ?をつけるのですが、これがなんか、ゆるいせいか膨らみすぎてるっていうか、おむつしてるみたいになってます。「また編み直そうか」とオカンにいうと、とにかく「それは最後まで編め」との事で、最後まで編んでみます。別色で2足目以降編むとき、ちょっとかかとの所気を付けてみようかなと思います。

 昨日と今日もプロット作業でベッドの上でアナログ作業。久々にパソコンの前で作業した気がします。作業といってもブログ更新ですが。明日か明後日からネーム作業に入れそうです。
 では、今日はこの辺で。ごきげんよう、また会いましょう☆