月刊ウマナリ

日常と漫画制作の事

原稿用紙設定のキャンバスにテンプレートを貼りつけると思ってたんと違う感じになる事がある

 まとめようがなくめちゃ長いタイトルになってしまいました。

 先ほど、漫画の原稿の最後の仕上げといいましょうか、原稿用紙の外枠の外を白くするために、白い枠をレイヤー群の頂点に貼りつけようとしていた時、気づいた事です。前から素材を貼りつけようとして思ってたような大きさにならず「?」と思いつつ倍率をいじって直していたりしたのですが、今回のは単純な形というか作業というかだったので、なぜそうなるのか気づき、記事にかいておくことにしました。

原稿用紙設定のキャンバスとは

 漫画を描く人ならすぐにイメージできると思いますが、イラストオンリーの人は使わない人もいるかもしれませんね。どうでもいいですが、ブログデザインを変える際目次と見出しのデザインも設定したので見出し使ってみました。

f:id:inuit148:20190106124116p:plain

 こういう、トンボなんかが設定されているキャンバスです。漫画原稿用紙のトンボ、外枠(塗りたし込みの枠)、タチキリ線、内枠が設定されてガイドがついています。この画像では、内枠の所にコマを入れてあるのでガイドが見えませんが、内枠のガイドもついています。
 そして、私はタチキリやページ全体に柄を入れる時(『よい子はみちゃダメ!!』の原稿はいつもこの「ページ背景」を入れていますね)、キャンバスいっぱいいっぱいまでベタやトーンなど、描いています。コマ枠をページいっぱいいっぱいに広げるため、そうします。アナログの時はそこまで描いていませんでしたが、デジタルではタチキリのコマ枠をキャンバスの外枠外半ばまでにするのがなんとなく気持ち悪く、外まで描きます。そのわりに絵はその大きなコマいっぱいっぱいかくわけじゃないんですけどね。
 そうすると、たとえばベタをキャンバスいっぱいいっぱいぬると、印刷用のファイルに書き出した時、トンボがみえなくなってしまいます。
 だから、描くのはいっぱいいっぱい描いてるけど書き出す時には外枠の外側を白くするため、その範囲を白でベタぬりしたレイヤーを貼りつけるというワケです。ちょっと面倒なので、原稿のページ管理ファイルを作る時に設定するテンプレートをコレ込みのものにするといいですね。次回そうしようかと今思いました。

テンプレートをキャンバスにドロップすると変になる件

 で、本題なのですが。こういう枠みたいなものなど、同じものを毎回使う、頻繁に使うという場合、素材登録しておいて、素材パレットからドラッグ&ドロップすると毎回作らなくてもよくて便利です。

f:id:inuit148:20190106125148p:plain

 パレットから引きずってきて、キャンバス上にドロップしてもいいし、レイヤーパレットのレイヤー一覧の任意の場所にドロップしてもいいですね。レイヤーフォルダがあれば、その上にもっていくとフォルダが赤で囲まれ、そのタイミングでドロップすると、そのフォルダの最下層に着地してくれます。
 で、今回のこの白枠素材は自分の使っている原稿用紙と同じサイズで作っているので、貼りつけるだけでいい塩梅に塗りたし込み外枠の外を白くしてくれるはずです……が、はじめそうなりませんでした。

f:id:inuit148:20190106125545p:plain

 これや……。
 この白枠は形も単純だったので、この時すぐに「原稿用紙の内枠にフィットしてる」「って気づきました。それまでもそういう事があったのですが、その時は何に合わせて拡大されたり縮小されたりしてるのかイマイチわかっていませんでした。

 原稿用紙設定のキャンバスにテンプレートを貼りつけると内枠に貼りつく。

 このことであった(久々の池波節)。

 じゃ、なにが100%の倍率で貼りついてくれるの?ってなると、それは画像素材です。テンプレートじゃなくて画像。
 だから、私がやりたいことをするためには、テンプレートで素材登録せずに画像素材で登録すればよかったのです。
 そうだったのか……。

素材の登録あれこれ

f:id:inuit148:20190106125918p:plain

 少し見づらいけど、素材パレットでみると、それぞれ素材にどういう種類のものかってのが表示されていますね。「データタグ」というのが「画像素材」「テンプレート」などとなっています。「ワークスペース」「フキダシ」「コマ割りテンプレート」など色々あります。

素材の種類とフィット対象

 今のところ「テンプレート」しか確認してませんが、それぞれ貼りつける時に何にフィットするか決まっているのだと思います。フキダシは、テキストの上にもってきてドロップすると、テキストフレームの大きさにフィットしてくれますよね。そういう感じで、テンプレートは内枠にフィットするのだとわかりました。ちなみに、コマ枠も、割る前の一番最初のコマをつくっていますが、これは原稿用紙設定のないキャンバスに貼りつけるとキャンバスの大きさにフィットして、原稿用紙設定のものだと内枠にフィットします。

私の使うものだけど特殊なパターン画像の素材について

 こうしてみると、パターン画像は内枠にフィットされるとほとんどデカ過ぎるので、テンプレートじゃなくて画像素材で登録したいところですが、私は使う時に色だけ変えて使いたいものっていうのを登録していて、これは色を変えるためにレイヤーを分けたまま、シームレスにつながるようにカットした画像をテンプレートとして登録しています。これが内枠フィットサイズで貼りつけられると、結構重いです。
 そいういうものは、漫画原稿とは別の、原稿用紙設定のない新規ファイルに貼りつけて、色を調整してから結合させてカラーのまま漫画原稿のファイルにもってきて、大きさを調整してトーン変換して使っています。漫画の中で同じものを着ているコマが何度も出てくるなど同じ色で何度か使う時は、そのシーンやその作品が終わるまで一時的に色を調整して結合したレイヤーを画像登録して置いておきます。後で使わなそうだったら原稿が終わったら削除しています。

 そんなところで今日もクリスタ様は素晴らしく超美人でおられますが(なんとなく女性のような気がしてる、うちのクリスタ様は)、まだまだ知らないところもたくさんあるので、知っておられる方も多いかもしれないけれども、発見したら記事にしようと思いまする。
 後、ブログカスタマイズの目次の話ですが、これは私の使っているテンプレートMinimalism のカスタマイズまとめ記事を参考にさせてもらいました。本当に本当にありがたいです。

www.crypto-ksw.com

 では、読み切りの作画、書き出しなどの作業もあと少し。頑張ります。
 また会いましょう☆