月刊ウマナリ

日常と漫画制作の事

いろいろ考える秋ですな(?

 いつも考えているものではありますが(漫画の事だけど)。
 ちょっと、本格派の不調がやってまいりまして、久々に二日ほど寝込みました。季節の変わり目ですなぁ~。
 寝込むと、寝てばかりなのでたいてい坐骨神経痛的なものになります。全身凝るんだろうけど、下半身は筋肉がデカい?からか、お尻なんかの筋肉が固まると神経に障るらしく、腰が痛いようなお尻が痛いようなって感じになって、進むと足もしびれてきますね。
 今回も、腰をいわしました。
 しかし、今回はいつもの(「いつもの」とかいいたくないのぅ)坐骨神経的な痛みではなく、もっとわかりやすく(「わかりやすく」とかもいやだなぁ)、「今神経にさわりましたね!?」的なやつで、「ビリビリッ」ときて思わず「痛い痛い」と叫んでしまいます。ちょっと調べてみると、これはぎっくり腰の症状と同じに思えるので、しばらく様子を見る事にしています。
 が、腰の痛みの度合いでは一番今回のが痛いです。でも、腰と背骨をいい塩梅にしてると全く痛くなくて、痛い角度?にするとめっちゃ痛いので、座骨神経痛的なやつよりはラクです(「ラク」ともいいたくないが)。だいぶマシになってきました。
 すぐ腰が痛くなったり、足の裏が痛くなったりするので(足底筋が痛むみたい)、ちょっと散歩をしようと土日の二日は散歩に出かけました。これはゆっくり歩いて、これからもぼちぼち続けたいなと思っています。ゆっくりなら足の裏も痛くならないようなので……。

 そんなこんなで、製本の後寝込んだりしたので、まだショップに商品登録してないのですが、製本は結構失敗しました(!?)。
 いやぁ……難しいですな、製本は。製本のり(のりとボンドをまぜたやつ)の扱いがね……。今回ので、こんなけ塗ったらここまで染みるとか、見返しは一面ベッタリ塗ったら重しした後しわになるとか(のりボンド、水分多いので……)、本文の背に入れた切り込みにもっと丁寧にのりボンドを塗り込んだ方がいいとか、ほとんど全部かきましたが、色々分かったので、次やる時はまた改良してみたいと思います。
 後ね、本当に一番失敗したのは化粧裁ちです。11冊ほどあったんだけど、半分くらい失敗しました。これはまだはっきりとは分かりませんが、もう少し刃の厚いカッターナイフを使えばよかったかなと思います。本の厚みが8ミリくらいあったのに普通の事務作業などで使うカッターを使ったので、刃がしなって一定に切れなかったっていうのが一番大きな要因かなと思うのです。でも、もしかしたら他にもあったかもしれないので、この辺はまた次失敗するかどうかで分かりません。
 体調が悪くなったのと失敗作が積みあがったのとでちょっとガッカリして、今回DL版のみの販売にしようかしらんと思いましたが、せっかくだから、印刷屋さんのみたいにビシーッといってなくても本で読みたいねんっていう奇特な方ももしかしたらおられるかもしれないので出す方向で考えています(でもやっぱり出さないかもしれません。揺れるデブ心)。

 本の作業が終わり、『ホームラン軒』の004をプロットからやりなおすことにしたので、読み切りのプロットをやるべくネタを考えているのですが、これがまた進みません。なんか出てきません。考えているのはストーリー漫画ですが、せっかく4コマも練習してきたから4コマも候補にしてて、こっちは割とテーマがまとまったりなんかして進みそうです。どっちが先に形になるかでどっちを先に描き上げてしまうか決めます。
 そんなワケで、もし4コマを描くなら普段の絵より頭身の少ない絵柄で描くのもかわいいなーと思って今日練習していました(日付こえたけど)。

f:id:inuit148:20181023003135p:plain

 まぁこんな感じで……。キャラの特徴がでにくいかなと思ったけどそこそこおチビになったのでホッとしました。頭身低いちびキャラで描いたら時短とかあるのかと思ったけど、ペン入れ以降仕上げまで工程の数や手間が同じだったので、時短とはいかないようでした。

 いろいろ悩みもてんこもりの漫画道でありますが、とにかく頑張っていっこいっこ仕上げていきたいなと思います。

 では、さようなら。また会いましょう☆