月刊ウマナリ

日常と漫画制作の事

爆発描きたいねん!!

 私、人物はそこそこ漫画のストーリーの妨げにならない程度にはかけるようになりました(めっちゃ練習しましたが)。でも、背景など、まだ苦手で、いつも「何かヘンな絵になったな」と思いながら描いています。練習あるのみです。
 でも、爆発っていうのは……これまで何度か描いてみようと挑戦しましたが成功した試しがありません。それであきらめるのですが(漫画の中に爆発シーンが出てこなかったのでやってこれただけですが)、時々「爆発描いてみたいな~」って思う事があります(そうして何度か挑戦し、敗れてきた)。
 今朝またふと「ワシにも爆発描けへんかなぁ」と思ったので、ちょいとネットで描き方を検察してみました。そして、

nlab.itmedia.co.jp

これをみて再び挑戦しました!
 この中では何例かの描き方が紹介されていて、私は3ページ目に紹介されているフキダシみたいのを何個も描いてアタリにするというのをやってみる事にしました。来たれ爆風!(?)

 まずアタリをとります。フキダシみたいのを何個も描くのだそうです。

f:id:inuit148:20180927122613p:plain

 この時点で、自分はもってうまれた絵の才能はないんだなと思い知りました(涙)。四六時中描いていたから絵が得意みたいにみられてきたんだな……努力、大事★
 とにかく、アタリをとって、影にするところを適当に決める。この「適当」ができない人には厄介なのよね……私も「適当ってどやねん」と思いながら適当にやりました(それこそどやねん)。
 次にペン入れらしいです。例の先生はアナログで描いてはるので、ペン入れったらペン入れなのですが、ペン入れだけ先にやってしまうっていうのが結構難しい。バランスが分からないのです。爆発を描き慣れている(爆発を描くってヘンな日本語)ならできるのかもしれないけど、私は爆発に敗れ敗れてここにたどり着いた者なので(大げさやねん)、ベタ作業と並行してやりました。でも、例の手順ではペン入れをするって書いてあるのでベタレイヤーを非表示にしたものをのっけておきます。

f:id:inuit148:20180927122945p:plain

 いやはなんとも……こんなのは慣れてもベタと並行じゃないとできるような気がしません。でもとりあえず。
 で、ベタレイヤーを表示させると

f:id:inuit148:20180927123258p:plain

こうです。
 いま気づいたけど、スクショの書き出しをグレースケールでやってしまってますね……あたりの画像みて「線がなんでグレーなんだろう?」って思ってました。よく見ると右端のツールアイコンとかも全部グレースケール……。

f:id:inuit148:20180927123630p:plain

 アタリの線を消してちょっとホワイトを入れてみました。
 なんか違う……なんかちゃうねん……。
 でも、今までの失敗作よりはかなりよくなりました。また時間のある時にお手本をみて練習してみようと思います。爆発を使うのかと言ったら使いそうにない話を描いていますが、なんかこう……全く描けへんねんみたいなのイヤだなと思って。
 他にもこの講座?で岩とか山とかあって、それも私は結構描けないのでまた挑戦しようと思います。
 なんか私の描いた爆発、バラみたい……。バラが爆発してるみたい……(涙)。

f:id:inuit148:20180927123859p:plain

 せっかくなので人も描いてみました。売人に職質しようとしたら近くのゴミ缶が爆発した、みたいなそういう感じ(どういう感じなんだ)。
 また練習していい爆発が描けたら報告します(原稿描け)。
 ちなみに、私は爆発が描けないと分かっていたので爆発ブラシなるものを持っています。爆発シーンなんかなさそうなのに、持っています。前に爆発が描けない事に打ちのめされたのでいつも爆発が気になっていて、素材ストア?で見かけたのでダウンロードしたのです。爆発しそうにない話を描いているのになぜか爆発を妙に気にするデブなのです(それより体脂肪率とか気にしろよ)。
 爆発ブラシだと

f:id:inuit148:20180927124221p:plain

こうです。
 もう爆発ブラシ使っとけやという感じですが……いや、炎ならまだしも爆発は自分で描きたいというか、時短でブラシを使ったとしても本当は描けるとかなっときたい(めんどくさいやつか)。
 折角講座?をみつけたので、岩や山と合わせてまた爆発も練習しておきます。多分私のもっと煙?がもこもこなった方がいいのかもね……きれいにまとまりすぎて花弁みたいになってるんだろうね……。

 本の方ですが、昨日、印刷発注、DL版のPDFファイル作りが終わりました。後は印刷されたものが届いてから製本をするだけです。長い道のりでしたね。
 昨日チェックかねて少し読み返していたのですが、『ホームラン軒』の№003まで収録していて、それ描いていたのだいぶだいぶ前になるので、描きおろし分の絵と比べるとちょっと……描き直したい衝動に駆られてしまいましたがしかたありません。でも、それはまぁその頃よりも少し上達したって事なんだろうから、いい事ではあります。爆発とともにさらに精進していかねばです。

 では、今日はこの辺で。また会いましょう☆