月刊ウマナリ

日常と漫画制作の事

ようやくの復活、扉絵のしんちょく

 やっと風邪から復活しました。まだ咳がひどいので完全に復活とはいえません。
 いやあ、今回の風邪……というか……始まりは風邪かもしれないけど結局よくわからないようなアレでしたが(近年毎回そうなる)、39度の熱が何日か続いたのでしんどかったです。昨日初めて一日中38度台にならずに過ごせ、今日はだいぶ調子がよくなりました(咳以外)。こじらせる前に病院へ行こうよとは、こうなって毎回思うのですが、ついつい市販の薬でどうにかできないかしらなどと思ってこじらせる……いけませんね。
 熱と咳で寝込んで約1週間パソコンの前に座れませんでしたが、一昨日の夜から久々に漫画製作にも復帰できました。プロットと扉絵の続きをやりました。 
 扉絵は、一昨日は真魚君の影をざっと塗るという作業をしました。

f:id:inuit148:20180804223229p:plain

 昨日はこのざっと塗った影を、色を変えたり整えたりという作業をしましたが、肌のパーツをやった後の分が、途中クリスタが落ちてしまうというハプニングがあって、今日までかかりました。

f:id:inuit148:20180804223242p:plain

 着物の柄も決めておきました。柄の関係で、袴を少し丁寧に描いたら、だいぶごまかして描いてたなという感じで修正が必要になり、ちょっと時間がかかりました(笑)。顔の赤みやくちびるも塗りました。着物も袴も柄をいれましたが、上手くなじんでくれるとよいな……。
 そんな感じでようやくの復活です。何日も床に伏して、久々に外に出るとクラクラっとしますね…外は明るいぜ……みたいな。