月刊ウマナリ

日常と漫画制作の事

よい子1本

 面舵いっぱい!みたいなタイトルになりましたが(?)4コマを1本仕上げました。辛口一献でもいいな(色々ありそう)。

f:id:inuit148:20180721120751j:plain

 このネタとは別で、また銀河君がでてくるネタを作っていた時に「銀河君はホント4コマ向きだなぁ」などと思っていましたが、そういうキャラはウチにわりとごろごろいそうで、もしかして自分が4コマ向きなのかと錯覚しそうになっていました(描き手としてではなく、キャラとして4コマ向きという意味)。
 いつもカラーは、スミ入れの後塗り分けをして(パーツ事にベッタリとそれぞれの色をぬる。影などはつけずにベッタリと)、その後影などをマーカー風ブラシで塗っていたのですが、今回は影は影用レイヤーに投げ縄塗りでペッタリとつけました。カラートーンで仕上げたみたいになるので好きです。マーカーも好きなので気分でやっていこうかな。
 スミ入れの時、上の兄さんのカットは髪にツヤベタをしなかったのですが、せっかくだから(?)ツヤベタしようと、本編の方はやりました。時間かかって一瞬後悔しましたが、仕上がってみるとやっぱりツヤベタは漫画っぽくていいですな☆
 今回の数ページ、配色に空色、赤、黄色というのがあるのですが、この配色は、学生に毛の生えたような社会人だった頃(なんだこの時期に対する曖昧表現)、旅行に行った先の産業博物館とかいうところで、ひと昔前のキッチンの展示でみた配色です。その時、なぜかこの配色に心を奪われ、その後真剣に絵を描く事のない期間が20年近く続いたにも関わらず、今になってまたよく使うようになりました。ディープなインパクトってすごいですね(馬???)。
 前にもかいたかもだけど、4コマはまとめページがあります( よい子はみちゃダメ!!№001~ - 月刊ウマナリ)。何本か溜まったらここへまとめてあげます。その時にはお知らせ記事をかくようにしています(忘れる事もある)。

 前の記事でかいたカスピ海ヨーグルトですが、最初の種、まだ生きています。元気そうです。
 このカスピ海ヨーグルト、ビフィズス菌のプレーンヨーグルトとちょっと味や食感が違うのですが、私はとても好きです。おいしいです。そして増える。素晴らしい。容器を熱湯消毒するのが面倒だけど、でもやっぱり増えるのはいいですな。とろっとした食感と、鋭い酸味のない味も好きです。だいたい「カスピ海」っていう字面や語感もいいよね!(誰に同意求めとんねん)

 ま、そういうワケで……毎日暑いし、子育て中の人たちは夏休みが始まるし、働く人たちは学生が夏休みでウキウキしてるのに毎日仕事いかなあかんし、色々大変な夏でありましょうが、体をいたわりつつのらりくらりと頑張ってまいりましょう。
 では、また会いましょう!