月刊ウマナリ

日常と漫画制作の事

激テラリア、机の配置&うごくラクガキ

 雨もすごいけど(?)体調崩してるんじゃないかなって、今日気づいた私です。
 なぜ気づいたかというと、テラリアばっかりやっているからです。結構、バロメーターです。バロメーターと言っている割には気付くのがかなり遅いですが……。体調の他の部分と合わせてみても(テラリアは体調の一部か)、そろそろ復活してくるんじゃないかなって思ってます。元気になれ。
 とはいえ、ブログを更新しようって思えるとか、テラリアにしても机についてするので、ある程度は元気なわけです(私の中の「ある程度元気」なので、病人の調子ええくらいのもんですが)。

 さて、そんなテラリアですが……。
 今日は激☆テラリアでした。体調悪いのかなって気づくほど「激☆」でした。掘って掘って、掘っていました。線路の、地下へ潜っていく部分を作ろうという事で、まず掘って空洞を作っていたのですが、それが結構デカい範囲で、楽しかったです。

f:id:inuit148:20180706194853p:plain

 ……。デカさが分かりませんね、地図が右上にのっかると思ったのですが、テラリアのカメラ機能では地図はうつらないらしい。
 とにかく、縦横にデカい穴を掘ったのです!この上の方から落下したら一発で死んでしまいます。

f:id:inuit148:20180706195035p:plain

 落下して「あわわわわわわわ!!」ってなってダブルジャンプしたいのにスペースキーを押せなくてたくさんキーを押したらしく、スライムサドルに騎乗、そのまま敵のスライムの上に落下したため死を逃れた危機一髪のマイキャラ。スライムサドルは、ぽよんぽよんと跳ねますが、高い所から落ちたらダメージを食らいます。高すぎると死にます。スライムが下にいてよかった(?)。
 それでね(突然のタメ口)、キノコ畑屋上の背の高いキノコなんだけど(どこの人?)。この背の高いキノコ、小さいキノコが生えるとそこには生えないっぽいんですよ。で、背の高いキノコを密集させたいなって思いまして、畑に来るたびに背の高いキノコの足元の普通のキノコを刈っていました。

f:id:inuit148:20180706195248p:plain

 結構密集したと思いませんか?グフ。
 画像、フレームを設定して撮れるって事に気付いて設定してたんですけど、初めてだったので要領悪く設定している間に気持ち悪いキノコ系の敵にやられています…。おそろしかった。

 さて、先日作業机の何やら変えましたが、あの後使ってみていたら、どうにも、机の高さが合わなくて困りました。机のというか、キーボード台のっていうのでしょうかね。キーボード台なので低くて、椅子を一番低くしてもまだ低いんです。私はデブなので、体の裏側にも肉がたくさんついているので、身長の割にめっちゃ座高高いんですよ。だから椅子を一番低くしてもダメでした。身長148㎝なのにね、軽自動車に乗っていたら大柄のラガーマンが乗ってるように見えるらしいです(弟君談)。
 で、キーボード台をあきらめました。

f:id:inuit148:20180706194202j:plain

 ですよ(?)。
 パソコン・液タブ同じ土俵で。
 で、これは液タブを買ったころの、横並び配置にする前の配置と同じでして、パソコンのキーボードが左半分しか使えません。
 ので、リモートマウス復活です。便利ですねコレ。原稿の時は、クリスタのTAB MATEを使っていますので、描画時あんまりキーボード使いませんが、フォルダ名や、トーンの濃度などの数値を入れる時は使います。フォルダ名は、リモートマウスでフリック入力(ペンを持ちながらのキーボード入力より、ペンを持ちながらのフリック入力の方が断然速いと知ってしまった)、数値はテンキーじゃなくて上段の数字キーで入力しています。ただ、小数点を入れる時は小数点はキーボードの右側にしかないので、もともと入っている数値が小数点つきがほとんどなので(そうじゃない場合任意の数値で小数点つきを入れる事はほとんどない)、ペンで小数点以下を範囲指定してから入力って工夫をしています。

 って、テラリア以外に原稿もやってたわ……よかった…(全く自分?を把握できてないのか私……)。

  他、ラクガキであります。動くラクガキですね☆

https://umanari.tumblr.com/post/175604575378

 リモートマウス便利やん!って思ってそんなラクガキしようとして、動くのにしたら楽しいかなって昨日かきはじめて昨日で終わらなかったラクガキ。
 動くラクガキ、楽しいのでお勧めです。パラパラ漫画の要領なので、ぜひチャレンジしてみてくだされ。
 ちなみにこの波きゅんのやつは、40枚の絵を使っています。一部分だけ変える絵とかもあるので、40枚イチからかくような大変さはなく、簡単でありますぞ。

 では、思ったより元気らしい私から愛をこめて(こめんでもよい、いつも通りでいけ)。さようなら。また会いましょう!