月刊ウマナリ

日常と漫画制作の事

煮詰まった時ちょっと道具をかえてみる

 いやあ、参りますね、この天気。暑いのか寒いのかよくわかりません。気温が高いワケじゃなくて湿度が高いので不快なのだというアレなんでしょうね。扇風機をつけるとちょっと寒いし、消すと暑い。困ります。
 今日はなぜだか、朝起きてから後睡魔に襲われまして、グースカ寝ていました。昼過ぎからようやく起きていられるような感じで、本を読んだりゲームしたり、Amazonのアレで『BOSCH』をみたりしました。だいぶんに脳が立ち直ってきたので(なんという表現なのか)、パソコンに向かっています。

 ここのところ、作画作業をしつつ、ちょびちょびとネタを考えていますが、何度も何度も煮詰まり白紙に戻しています。繰り返しであります。ネタを練ってプロットを仕上げるというのはもう、閃きだの想像力だの創造力だのそういう問題じゃなくて、根性だなと思い始めています……というのは私にかぎってのことですが(他にもそういうタイプの方おられたら何度も頷いてはることでしょう)、とにかく、閃いたりイマジネーションが走りだしたりしても、それをプロットとしてまとめていくとなるとまた別の話で、それを活かしたり何かとつなげたり展開させていったり色々、一つのストーリーとしての重みを出すのは本当に難しいです。
 で、前回プロット作業をした時までは、私は自分の頭の中でブツブツひとり言を言いながら、それをメモして行くのがネタ練りの主なスタイルで、そのためには頭の中のひとり言と同じくらいのスピードでメモしていかねばなりませんでした。だから、EvernoteやExcelを使ってキーボードやスマートフォンのフリック入力でメモをしていました。
 が、今回どうもそういうスタイルじゃなくて、なんというか……マインドマップを作るような考えの走り方というのか、なんというのか、つらつらと文章で考えるスタイルではないようで、EvernoteやExcelを使うとどうにも不便を感じるようになりました。意識してスタイルを変えたワケじゃないんですが、自由にあっちこっちに思いついた事を書いていく感じになったのです。
 なので、最初A5サイズのメモ帳を使っていましたが、もう少し広い紙面がほしくて、クロッキー帳を買ってきました。

f:id:inuit148:20180530162016j:plain

 大きすぎず丁度いい大きさかなと。紙も、すべすべしていて、ペンが走りやすいです。いいですね。気持ちいい紙が手にふれると、ちょっとテンションが上がって考えも走りやすくなるかもしれません。……実際のところは、考える方はつっかえつっかえやってますが。
 Excelで作っていたプロット準備で考えるべきことの雛型は、紙にプリントアウトして書き込めるようにして、クロッキー帳にはさんでいます。もう少し工程が進んで、シーンの順番など決まってから(シーンを書き出すのは、前回と同じように指南書を倣って情報カードに書く予定)まとめる時にはExcelで作ったプロットシートを使う方がいいかなと思っています。手書きにハマってその方が気分がよさそうなら手書きのためのシートを作るかもしれません。とにかく考え疲れて気分が暗くなることも多いので、脳が喜ぶ道具を与えつつ頑張っていこうと思います。ナンギじゃ!(笑)
 こないだ、PUBGモバイルというゲームにハマり出したとかいていましたが、頑張っています(そこ頑張るのか)。これは自分の操作の上達と作戦(ゲームを始める地点、武器集め、移動のタイミングとルート、索敵などなど)が重要で(たぶん、今のところの私の感想)、負けたら本当に100%自分のせいです。課金してるプレイヤーがめっちゃ強いとかなくて、アホはすぐ死ぬとか操作どんくさかったらすぐ死ぬとかそういうゲームです。だから「練習しよう!」ってなるワケで、マリオ5秒で死ぬおばちゃん(しかもアホ)の私も頑張っているワケです。
 何をしてもボッチになりがちなボッチスペシャリスト?の私なので、チームで行くやつは行かず、ソロというモードばかり行っています。とはいえ、私にも一人フレンドがおりまして、何度かデュオモードで一緒に戦いに行きました。ボッチ癖?が強すぎて、二度もフレンドを見殺しにしてしまった(撃たれたのに気づくのが遅すぎて助けられなかった的な事案)ので、これからはそういうところも気を付けてやらねばと思います。
 
 では、今日はこのへんで。またあいましょう!