月刊ウマナリ

日常と漫画制作の事

キャプチャ動画の録画に失敗する&映画・読書俱楽部の話

 大した話ではないんですが、ラクガキをしようとクリスタをあけて、そうだ、いつも文章ばっかりのブログだからお絵描き動画をとろうかと思ってとっていました。Winにはじめから入っている(んだと思う)Xboxのキャプチャ機能を使ってとれるので、それでとったのです。
 が、今日はここまでと、線画終了の後に録画終了しようと思ったらボタンが「いつでも録画開始しまっせ!」と言っているのです。
 いつの間にか録画やめとる……。
 保存されたファイルを見ると6分ほどの動画ファイルになっています。どこでとまったのかみてみると、どうやら「そうだ、配色決めよう」と思ってchromeへ移動した時に録画止めたみたい。
 そうか、アプリ非アクティブになったら止まるのか……。キャプチャソフト?はだいたいそういうものなのかどうか私には分かりませんが、これはそうみたい。次回気をつけよう。頑張って線画描いたのに……。とっててもとってなくても描く事は描くんだから別にいいんだけど。次の工程から録画するかどうかは分かりません。カラートーン仕上げにしようと思っているので見せるような工程でないって事もあるからとらないかもしれません。
 ところで、配色を決める時いつものパレットじぇねれーたー的なアレで色々パレットを出していたんだけど、こんなのがでました。

f:id:inuit148:20180522161726p:plain

 誰か結婚するんでしょうか(?)。
 初めて見たのでびっくりしてちょっと、スクショとっときました(笑)。

 相変わらずスマホゲームやってますが、ここのところPUBGモバイルというのにハマりまして……楽しいです。「上達したいな!」と思わせるゲームですね。頑張ります。
 引き続きのツムツム、ブロックレジェンドはもう私のお気に入りゲームの殿堂入りさせてよいですね☆Threesも入れてよいな。パソコンではやはりテラリア。ゲームを作る人たちが、楽しいゲームをたくさん作ってくれて、ワシは幸せじゃ(突然の老人モード)。PUBGもパソコン版買おうかと思ったくらいですが、パソコンのスペックもアレだし、何より猛者がうじゃうじゃいてなぶり殺しにあいそうだと思ったので寝そべってスマホでやることにしました。甥っ子にも止められたし(ありがとう)。
 それからハマるといえば映画俱楽部と読書俱楽部でありますが、映画は、何をみるか選ぶのに疲れた頃、オカンと私のお気に入りである「ハリー・ボッシュシリーズ(マイクル・コナリー)」のテレビドラマを見つけたのでこないだからそれを見ています。
 いいです。
 原作の3作分くらいをうまくまぜて?ドラマの1シーズンでやっているらしいのですが、はしょっている感とかイメージの違和感とかそういうのがなくて、ドラマとしてとてもよいものになっている感じがします。よいです。本を読むのが好きじゃない人には、これをみるといいよとオススメできます。本を読むのが好きな人は、どっちもみて、読んでってオススメです。多分読書好きな人でミステリー好きな人はすでに読んでいると思います。クレジットを見ていると、何度かマイクル・コナリーの名前がでてくるので、ドラマがしっかりしてるのもうなずけます。
 読書俱楽部では、私が本を読まない期間読書してたオカンが読み終えた本を、私が読むスタイルになっています。段ボール箱に入っているのでそこからとってきて読んでいます。
 今一番お気に入りは「特捜部Qシリーズ」で、今4作目を読み始めたところです。本当に面白いので、知らない人は読んでみてほしいです。
 これは映画化もされていて、1作目と2作目の映画はみました。2作目はちょっと、はしょり感が気になるかなと思いますが、1作目の『檻の中の女』は面白かったので、この2作ならこちらをよりオススメしたいです。キャラのキャスティングで、主人公は結構なじんだのですが、主人公の助手が原作とちょっと違うのかなって思いますが、それはそれで楽しめます。
 しかしながら、これは「ハリー・ボッシュシリーズ」ドラマほどは強くオススメしません。本がめちゃくちゃ面白いので、なるだけなるだけ、原作を読んでファンになってもらいたい!とまるで回し者のような事を思うのであります。

 というワケで、今日はこのへんで。また会いましょう!!