月刊ウマナリ

日常と漫画制作の事

敵の家で玄関の三和土をなめさせられる漫画作業(?????)

 昨日は蒸し暑かったですね!昨夜寝られず朝まで起きていたのですが(布団の中で)夜明けごろにやっと湿度が下がったか、すっと涼しくなりました。雨が降っててもいいからこのままこれくらいの感じでいってほしいものです。
 睡眠不足ながら、今日は何日ぶりかで頭がクリアですので、朝から原稿に向かっております。クリアでなくても向かうようにしていますが、集中力が全然違うので、こういう体調の日が続いてほしいなぁと思います。
 プロットの不備をかみしめつつの作画作業はつらいものがあり、かつてはこういうのをうっちゃって次、次とやってしまっていましたが、これはホントのホントに、漫画描き的に成長しないので、今も敵の家で玄関の三和土をなめさせられているような気分で(どんな気分なんだ)作画を進めています。
 今回学んだ事は「本当に、SaveTheCatをないがしろにしてはならない」って事です。よくわからないだろうけど、とにかく私が敵の家で玄関の三和土をなめている事だけ分かってもらえればそれでいいです(ますます分からん)。
 しかししかし、これは次回頑張ればいいことです。問題は、次回頑張ればいい事がみつかったんなら作画なんか放っておいて次回のプロットに全力投球したらいいって気持ちになってしまう事です。これに喝を入れつつ敵の家で……なめながら描くのはつらいですが、プロットの不備をみつけた段階で次にいってしまうと、コマ割り、構図、セリフ、絵そのもの、仕上げやソフトの使い方などについては置き去りになってしまうので、敵の家で……なめながら頑張っています(もう敵の家に行くな)。
 さっきToDoリストをチェックしたら、『よい子』の原稿が5月8日以降手をつけられていないようだったので、今少し進めました。

f:id:inuit148:20180519151951p:plain

……かわいいハズのこどもキャラ、化け猫ミーとあひる先生、下絵の段階ではありますが、ペン入れをしたところでこれ以上かわいくできる自信がワシにはない……だから、だから!!漫画は練習も、ネタやプロットより先、原稿を仕上げるところまでやって1セットなのだ(?)。

 ホントヤバいなこいつら(!?)。

 うちでは一昨日、扇風機隊を家中に散開させました。扇風機、寝しなに暑くてつけて寝て、夜中とか明け方とかすっと冷えた時に足が攣ったり風邪をひいてしまったりする事もあるので、つきあいかたも工夫が必要ですな。

 ではまた会いましょう☆