月刊ウマナリ

日常と漫画制作の事

タイトルメーカーを作る話

 楽しい楽しいタイトルメーカー、別にタイトルやお題がほしい人でなくても眺めているだけで楽しいタイトルメーカー、大好きです。
 最初は、ツイッターでよく見る診断メーカーで作ろうとした私ですが、単語の数や組み合わせ方や色々と大変だったので(私がアホなだけという説もあるが)、自由の効くExcelで作ったのでした。何年か前の話ですね。
 それから色々自分の欲しいネタ?などに応じて改良を重ねつつ楽しんできました。
 実際漫画を作る時に役立っているのかと言われると、ストーリー漫画では使わない時もあります。4コマではフル活用です。10本描こうと思うと10個のネタが要るので、これがないとちょっとつらいです(昔ながらの?4コマを作っているので)。
 そんなタイトルメーカー、ブログのネタとして、どうやって作ったかってのをかいてみようと思います。

 まず、タイトルメーカーって何?みたいなところから。
 無作為に単語を抽出して、定型文にあてはめ、タイトルっぽいものを作ったり、頭の中にあるアイディアカー(え?車なの?)のシフトレバーをドライブにぶち込む言葉を作ったりするものです。

f:id:inuit148:20180321123822p:plain

 一番古い、タイトルメーカー。
 タイトルっぽいものを作ります。有名な作品のタイトルやキャッチコピーを定型文に借りたりなんだり、色々それっぽいものを頑張って作っています。

 それから、お題。

f:id:inuit148:20180321123931p:plain

 一体どういう絵をかかそうとしてんのか……。私は漫画なので、こういう「は?」みたいなお題は大歓迎です。「じつは」の意味が分かりませんが、何か出てきそうです(?)。

 それから「皮肉」と「カセ」を作るやつ。

f:id:inuit148:20180321124042p:plain

 皮肉とカセは、ストーリーを転がす時とても重要で、重要なのになかなかパッとしたものが思いつかない、作りてのカセです(!?)。
 固定単語を入れるやつは、タイトルやお題バージョンも作っていて、自分が描きたいものがハッキリしている時に使います。「絶対陥ってほしい状況に陥っている主人公」とか、外せない主要キャラの組み合わせとか(「少女×おっさん」とか「優等生×ヤンキー」とか「「聖地」に紛れ込んでしまった巨人ファン」とか(?))そういうのを入れて、そこを変えずにランダムに他の言葉と組み合わせるものです。
 これは結構使います。助かります。
 組み合わせや状況を思いついても「だから何?何がおもしろいの?」ってなることも多いので、そういう時にとんでもないものを叩き出してくれるタイトルメーカーがとても好きです☆

 作り方ですが。

 まず、言葉を書き出すことから始まります。大量に言葉を、データベースに入力していきます。これが一番大変だと思います。

f:id:inuit148:20180321124727p:plain

 自分が思いつくよさそうなやり方でいいと思いますが、私は単語の性質別にシートを分けてデータを入れています。
 同じシートに名詞や形容詞など一緒に入れて同じシートで抽出して……とやっていると、関数でエラーが出ることもあるし、なんといっても、どっかから大量に言葉をコピペしたい時に不便なので、私は分けました。
 分け方も、後から文章に突っ込むことを考えて、名詞を形容、動詞を形容、語尾にしか使わないもの、文頭にしか使わないもの、などなど、色々と分類しました。
 名詞の場合ですが、一つ一つ自分が思いついたものを入力していくとき、まず表を作って「季節(春夏秋冬)」「老若男女」「肩書(職業など)」なと、項目を作り、例えば「男」なら「男」から連想する名詞を書き出していきました。そうすると、漫然と名詞を入力していくよりたくさん出るような気がしたので。
 形容詞や動詞などは結構すぐに思いつかなくなるので、ネットなどのニュース記事の文章をだーっとコピーして、エクセルのテキストボックスに貼ってから、ほしい品詞以外の言葉を消して、1語1語の間をスペースで区切り、スペースを改行に変換してから全語コピーしてセルにペーストしました。そうすると1セル1語入れてくれます。
 詳しくはこちらのサイトに載っています。

セル内改行の検索と置換−Ctrl+Jキー:Excel(エクセル)の使い方-データベース・検索

 Excel解説のサイトさんにはいつもお世話になっています…!

 で。

f:id:inuit148:20180321125917p:plain

 種類別の言葉を抽出します。関数を使います。解説サイトさんからコピー&ペーストさせていただいた関数を使っています。アホなので計算の意味は分かりませんが、やりたいことははっきりしているので、やりたい事で検索して、関数を頂きました。
 ありがとうございます!!!!

 さて、名詞など、量がめめっちゃ多い言葉のやつは、データを何列かに分けて(抽出するのに行数の限度があるみたい)抽出し、その抽出した何列かの単語を単語抽出用シートに引っ張ってきて1列の単語データとしています。 
 つまり上の画像で名詞のデータとして「ミミズ」がセル内に表示されているところがありますが、これは「データ名詞」シートの「W1」セルを引っ張ってきています。
 その「データー名詞!W1」は

f:id:inuit148:20180321130646p:plain

データ名詞シートにたくさんある名詞の中から抽出してきた1つのデータです。
 抽出するので、F9キーをおして再計算させると、データ名詞シートでは、毎回同じ列の違う単語を出してくれて、その毎回違う単語が並んだ単語抽出シートでは更に、その抽出された毎回違う単語が並んだ列から毎回違う単語を……シューーーーー……
……というワケです(?!)。

 一番大事なのは、どうやって単語を無作為に抽出するかという事ですが、解説サイトより、頂いた関数をのせておきます。

 まず、単語のセルの隣に3列の計算用セルを用意します(全部右隣り。絶対じゃないだろうけど右隣にして下にデータを増やす方がラクだと思います)。
 仮にセルをA~Dの2行目とすると関数はこうです。
 A2「単語のデータを入力する」
 B2「ランダムな数字を作る」=IF(A2="","",RAND())
 C2「Bの数字の順位を求めてもらう」=IF(A2="","",RANK(B2,B:B))
 D2「A列の中からC2で出してもらった数と同じ行にあるセルの中身を出してもらう」=IF(OR(COUNTIF(C:C,ROW(A2))=0,ROW(A2)>25),"",INDIRECT("a"&MATCH(ROW(A2),C:C,0)))

という塩梅です。
 これで、単語を抽出します。
 私はExcelに詳しい人というわけではないので、突っ込んで調べたい人、なんかおかしいぞ?と思った人は、調べてみてください。

 そうして単語を抽出できたら、定型文を作ります。

 「まるで形容+名詞のように」という定型文を作るとして、抽出した単語を入れ込めばいいように、セルに計算式?を入力します。
 この場合、
  ="まるで"&単語抽出!T2&単語抽出!P2&"のように"
と入力しています。

 こんな風にして、いろんな形のタイトルや文を作っておいて、その抽出されたタイトルや文をまた抽出するところを作っておくと、そこの1行目を「F9キーを押しながら漫然と眺める用のシート」に引っ張ってくるだけで楽しめるので私はそうしています。

 私は数字にめちゃくちゃ弱いし、Excelに詳しいワケでもないので、Excelに関わるアレコレをかくのはとても勇気がいりましたが、頑張りました(?)。先ほどもかきましたが、間違っているとか、おかしいところがあるよとかそんな事があったら、タイトルメーカーを作る時には調べてから作ってもらえるとありがたいです。今のところ私自身のタイトルメーカーには不具合はありません☆

 では、すてきな言葉あそびタイムを☆