月刊ウマナリ

日常と漫画制作の事

コンビニプリントフィーバー再び?

 今朝目が覚めてから布団の中でチョット考えていました。コピー本の印刷(コピー)についてです。
 前回、アミトーンに縞模様ができるけどこれが限界だと妥協することにしていたコピーでありますが、ふと、まだ試していないやり方があることに気付いたのです。
 クリスタで原稿を画像ファイルに書き出す時の仕様についてなのですが、まだ、やってないやり方がありました。
 モノクロで描いたものだけどカラーで書き出して、コンビニで原版としてカラーで1枚のみプリントして、それを白黒で冊数分コピーするというやり方も考えていたことがあるのですが、それはさすがにコスト面でアレです。白黒コピーはA3も10円ですが、カラーは80円です。
 80円です。
 それで、昨日はB5判の本にする予定のものをA5判にして、カラー作戦をやろうと思っていたのですが、それでも見開きB4でプリントアウトするのに、白黒だったら10円なのにカラーは50円です。100枚やったら1000円と5000円という違いが生まれるのでちょっと……でもやってみようかな……なんて、昨日の夜は思っていたワケです。
 でも、今朝起きてから考えたら「アレ試してへんな…」ってのがあったので、今日それを試してみました。

 まず、私は漫画の原稿を描く時は、商業用原稿用紙の設定で描きます。等倍で印刷した時に、市販の投稿用原稿用紙と同じ大きさになるサイズです。つまり、紙としての大きさはB4です。
 で、コピー本を作るにあたっては、B5判の本を作りたいので、トンボをつけて一回り大きな用紙に印刷するという事で、紙のサイズとしてA4の大きさのものに、タチキリ枠(紙になった時化粧裁ちなどで裁断された後、つまり出来上がった本のサイズ)B5サイズの絵が入っているという状態のファイルとして書き出します。ちなみに印刷屋さんに出すときは、描いている時の原稿用紙の大きさのままトンボをつけて書き出します。すると向こうでいい塩梅にしてくれます。
 コピー本なので、コピー機にはできることの限りってものがあるので、できるだけファイルをコピー機で縮小するなんてことのないように、ファイルを作らねばなりません。
 さらに、私は無線綴じに自信がないし絶対折り丁で綴じた方が丈夫だろうと今のところ思っているので(今のところ、です)、折り丁を作る前提なので、カラーページを挟んだりページ数の調整をしたりする部分以外見開き単位でコピーします。
 だから、A3の原稿ファイルを作ります。A4を横に2枚並べた、いわゆる面付けした状態のやつを印刷するって作戦です。
 で、前回の原稿書き出しの設定は

f:id:inuit148:20180308131125p:plain
こうでした。倍率100%になっているけど、実際の時は70.6%で書き出しています。
 トーン線数の設定を、原稿の雰囲気のままにしたいので、私はいつもこの、絵と同じようにトーンも縮小していたのです。網点は細かくなるので、単純に考えればですが、モアレが出やすくなると考えられます。
 それで、
f:id:inuit148:20180308131441p:plain
こういう設定で書き出して、コンビニプリントに再トライしたのです。画像はとりあえず出したもので、実際はトンボなしノンブル付きの70.6%倍率です(どうでもいいっちゃいいけど)。
 つまり、絵を縮小しても、トーンだけは、例えば60線20%のものはそのまま60線20%で書き出されます。自分が作画した時より網点は大きめになる計算になりますが、縮小率は70.6%なので、60線以上のものはさほど大きくなった感じはありません。42.5線や30線、それ以下になるとちょっと大きい感じあるかもしれませんが、それはまあ、妥協できる範囲であろうという事で、そういう風に書き出してコピーしてまいりました。
 前回との比較ですが……
f:id:inuit148:20180308120559j:plain

右が前回のやつです。
 全体的にアミトーンに関して、縞が軽減されたので、この作戦はハマったと思いました。
 が、マルチコピー機にはツボがあるらしく、結局、トーンの線数や濃度がそのツボにハマると縞になるようです。だから、95%軽減とかそういう効果はありませんでした。縮小されてツボにハマるトーン、縮小されてないけどそもそも描いた時点でツボにハマる線数×濃度のトーンがあるって事ですね……。いばらの道よ。
 さらに、横線のトーンは、前回の方が断然きれいでした。

f:id:inuit148:20180308120611j:plain

 上のコマの波きゅんに目がいってしまいがちですが、真ん中の方のコマです。右が今回の作戦でプリントした新しいやつです。
 前回の方がきれいです!この縞は容認できません。
 アミトーン部分に縞はあるけど横線の縞の方がゆゆしき事態なので、これは前のコピーのやつと差し替えました。
 ので、すでに原稿からトーンを縮小せずに書き出している分も、横線のトーンがあるもののみ、トーンを縮小する形で書き出し直しました。
 本当に、難しいですね……。湯水のようにお金があるなら、カラーで原版つくって……って思ったけど、よく考えたら湯水のようにお金があるなら印刷屋さんで印刷・製本してもらうよね……(涙)。

 とまぁ、また作戦を練りなおした?コンビニコピーですが、原版をプリントしたら、その時にそのまま必要部数両面コピーをするのでなく、一度原版を持ち帰って確認してから両面コピーは改めて出向くようにした方がいいのかもしれません。今回も、「横線トーンのコマだけ切り貼りしたら完璧やん」と思ったくらいなので、それが一番かもしれません。

 デジタルで絵を描かない人には縮小だのなんだの、よくわからないと思いますが……。

 では、今日はこれにておしまいです。
 ごきげんよう、また会いましょう☆