月刊ウマナリ

日常と漫画制作の事

今日はまじめ?に

 久々に漫画の原稿を描いている気がする私ですが、そうなのかなと思ってTodoリストを見てみたら、前回原稿をやったのは2月13日のようです。
 色々あった(うそつけ)。

 2月13日にやったのはホームラン軒の原稿で、よい子の原稿は2月6日以降やっていないようなので、今日はよい子の原稿を中心にやることにしました。

f:id:inuit148:20180225120719p:plain いかにもやりかけの画面ですが、やりかけです(?)。
 顔など、肌の部分をぬっているところですが、以前から(だいぶ以前だが)、色ぬりに関して試行錯誤東奔西走しておりましたが、だいぶ落ち着いてきました。
 色ぬりのパターンはいくつかありますが、カラーを描くのがだいたいよい子の原稿なので、軽めの色ぬりが多く、この頃はマーカーでぬることが多いです。とてもやりやすいので、お気に入りです。画像のおチビもマーカーでぬりかけているところです。
 

f:id:inuit148:20180225121232p:plain 仕上がると左の感じです。於春ですが、於春って、ホームラン軒にもよい子にもまだ本文で出てきてないですね…。ホームラン軒には、その内出てくる予定です。
 そんなマーカーですが、私のお気に入りは、Tマーカー風ブラシセットのマーカーです。コピックで描いているような感じです。
 他にもコピック風ブラシは試したけれど、これが一番「思ってたんとちゃう」結果になることが少なく(技術の問題なんだろうけど(笑))、これに出会ってからはこればかり使っています。
 大体の手順としては、ペン入れの後、パーツごとにフォルダを作ったり作らなかったりして(1パーツにつきレイヤが何枚かになる時は、パーツのフォルダを作って、それにマスクをかけて作業をしています)、ベースは範囲選択、あるいはマスクを作って、ベタぬりレイヤで色を置いて、そのベタぬりレイヤの上にレイヤを作ってクリッピングをしたりしなかったりして(しない時はパーツのフォルダにマスクを作っている時)、マーカーで影やハイライトその他もろもろをぬっていきます。手軽です。
 マーカーでの色ぬりは手軽なので、ラクガキにもいいですね☆

 では、またごきげんよう!