月刊ウマナリ

日常と漫画制作の事

VIVA☆折り丁

 VIVAですわ(?)

 甥っ子と合作漫画を描いていますが、それが60ページに至ろうかというところまで来ました。ページ数だけ増えて、物語的にはなんら進展がないのが子どもらしい漫画であります。延々戦いのシーンです。いつか、物語を展開させるようになってくるのかしら……。
 そんなこんなで、56ページ分、コピー本を作ってやろうと思い立ち、ファイルをかきだしたりなどしていました。
 ここで私を悩ませるものが……。

 面付け。

 コピー本を作った事がある方はきっと、激しく頷かれたのではなかろうかではあるまいか。
 そうでもないのか。
 とりあえず、数字が出てくると頭が混乱してしまう私なので、コピー本支援ツールなど、自動で面付けしてくれるものを使ったりしてみました。
 でも、それでやるとファイルが72dpiになってしまったり、平綴じとかイッキに折る系の並びになってしまったりして、悩んでいました。
 それで、色々調べていると、とある印刷会社さんのブログに行き当たりました。

 計算いらんのやで。

 そんなことが書いてあるのです!
 読んでみました。
 『折り丁』というのを作ってみるらしい。
 やり方通りに紙を折っていき、袋になっているところを切り開いて小さな本のようになったものに、普通にページを打っていく。
 それをバラすと、一枚の紙に原稿の何ページと何ページを見開きにするのか、そして同じ紙の裏は何ページと何ページの見開きになるのかが分かるという塩梅。
 これはすばらしい……(感涙)。

f:id:inuit148:20180223160816j:image そういうワケで、全ページ分作ってみた。
 私はわりと手作りするのが好きなタイプなので、めっちゃワクワクしました。紙折ってるだけでテンション上がる。
 これができたら、折り丁通りにクリスタのページ管理ファイルで見開きのページを作っていって、PDF書き出しをすれば、コンビニで原紙を印刷することができますね!後はコピーしていくだけやん!自分で作ったら、カラーページを途中にはさむのもコピー代のプラス分だけやん!
 たくさんの冊数を作ることはかないませんが、たくさん作っても行き場があるワケじゃない私の漫画でありますので、自分で本を作る楽しみがめっちゃふくらんでいます。
 表紙に関してはチョット悩ましいですが、また何か考えてみようと思います。
 フフ……。
 とりあえずは、甥っ子と私の分の合作漫画を作ろうと思います。手元にあるといつでも読めるし「見て見て」攻撃もしやすいだろうから、甥っ子はきっと喜ぶでありましょう。
 では、また!
 ちなみに、参考にした、印刷会社さんのブログ。

面付けってどうやるの? : 印刷通販のプリントビズ ブログ