月刊ウマナリ

日常と漫画制作の事

BOOTHを復活させようという話

f:id:inuit148:20180125103245p:plain

 画像はグッズのためのイラスト一部です。
 これは、suzuriさんの、受注生産されるタイプのグッズのために描いているのですが、そうやって作業していると、オカンが以前作った私のグッズたちに思いをはせ始めました。私の部屋に積んであるグッズたちです。
 以前、BOOTHの倉庫発送で販売するようにしていたけれど、倉庫の期限が切れ、延長料金は払わない事にして、返送してもらったり、そもそも発送するところまでいってなかったりするグッズたちです。
 私から倉庫事情をきいたオカンは「それでも(倉庫代を払ってもグッズたちを)さらし続ける事はある程度大事なことなんちゃやろか」と言いました。
 それで、私もそんなに高いワケでもない倉庫代の事も考え合わせて、BOOTHの復活を決めたのでした。復活って大げさだけど。
 少し前に、倉庫にグッズたちを送り出しました。入荷作業が終わったら販売再開です。こちらでもお知らせすると思います。
 そして、この機会に、また漫画作業の合間合間に何か作っていこうかなと思ったりもしています。
 ところで、BOOTHの倉庫に入荷する作業ですが、これ、結構日数かかるんですよね。やった事ある人なら分かると思うんだけど、かなりやきもきします。やきもきっていうか……送ったグッズたちが迷子になってしまったんじゃないかと疑い始めるほどで。気が短いといわれればそれまでですが。
 でも、そういう気持ちになって問い合わせる人は多かったかもしれません。
 というのは、送ってから「倉庫に到着しましたよ!これから入荷作業始めますよ!〇~〇営業日ほどかかりますよ!」ってメールが来て、それから1週間か10日か経ってから「目下作業中でっせ!まだちょっと時間かかるんやで~」とメールが来たからです。前はありませんでした。
 時間のかかりかたはさして変わってないけど(笑)不安が募ってくる事はないですよね。
 まだ、私の商品たちは入荷作業完了していないようですが、BOOTHの人たち頑張ってね☆

 そんなワケで、ここのところ忙しく漫画の原稿が進んでいないので、今日は漫画の原稿中心に頑張ろうと思います。