月刊ウマナリ

日常と漫画制作の事

師走でやんすな

 なかなかブログの「しばしば更新」も難しいですな~。師走といっても私自身は別に忙しいこともないんだけど。
 家族の年賀状お手伝いなどあって、体調とのかねあいもあり、まだ原稿はかけていません。体調、これはなかなかですね。秋口からのやつと、春先からのやつ、この不調は本当に手ごわい。

 お手伝い物件でクリスタを使っていて、普段リビングや自室で作業する時は作業スペースが広いので、パソコンと液タブを横並びにおいて(パソコンをちょっとナナメに置く感じ)作業しているのですが、子守の時は、少しスペースがないので、パソコンの前に液タブを置いています。こうするとほぼ板タブ状態になるのですが(笑)。パソコンの画面ばかりみています。
 写真のような感じになります。

f:id:inuit148:20171222150423j:image

 注目していただきたいのは、液タブのフチにあるタッチボタンです。これがこの位置にあるので、キーボードを使おうとするとついつい腕が触れてしまい(この「触」という漢字、大人になっても好きになれない)、ウッカリ設定画面を出したりタッチキーボード?を出したりしてしまいます。
 そういうのが出るのはまぁしゃーないなですみますが、ウッカリ板タブモードのボタンを押してしまって、気づかず板タブモードになってしまうとちょっと厄介です。
 いつかの記事で、クリスタを開いたままスリープにしたり板タブモードにしたり、電源を切ってからまた入れたりすると、液タブの動作がおかしくなってしまうというような事をかきましたが、それが起こってしまいます。
 このボタン……あんまり、そんなに、使わないよね……。これをオフにできるような選択肢があったらいいのになーと思います。

 では、これからちょっとだけ原稿を眺めて、できそうだったら少し作業をして、それからお手伝い物件をやろうと思います。